最近の記事
オススメの記事

■ Amazonギフト券はコチラから


2017年07月11日

【暗号通貨】nicehashが不安定になった

前回書いたようにnicehashが不安定でしたが
やっと原因がわかりました。

原因はマザボについてるIntel HD XXXとかいうグラフィックボードっぽい人でした。
配線の都合上、BIOSでマザボ側のグラフィックを優先して使っていました。

TB250-BTCの場合、[chipset]-[Primary Display]を
[AUTO]や[IGFX](オンボード)だとNGです。
[PEG]を選択するとオンボードを選択しないので
自分で刺したグラボが使われます。
IMG_20170710_214900.jpg

これでインテル HD 何とかという邪魔なグラボ(ドライバ)が排除されます。
再起動すれば設定は完了です。

ようやくGTX1060 3枚とGTX1070 2枚の構成でマイングできますw

さーて、次は噂のRyzen 7 1700に興味が出てきました。
AMDが公開した情報によれば、TDP 65Wで8コア/16スレッドを有するRyzen 7 1700は、Radeon RX 470を上回る効率を実現できており、そのほかのRyzenについてもRadeon RX 470に比肩する効率性を達しているという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000040-impress-sci より抜粋

省エネでRX470 1枚分になるのであればワッパはいいですね。
まぁ一式そろえるとお値段するので結局立派な金額になりますけど・・・
海外サイトを見ると
Ryzen 5 1600も評価高いですね。
マザボはTB350-BTCが使えるので
構成としてはいい組み合わせかもしれません。
    

あぁ〜、先立つものが…
先日からのイーサや今日のアルトコインの暴落もあって勇気が出ない…
posted by イワ at 20:43| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

【暗号通貨】nicehashが不安定になった

日々マイニングを楽しんでいますが
ちょっと構成を変えたら劇的にnicehashが不安定になりましたorz

昨日は忙しかったので放置プレイしてましたが
考えられる要因としては
TB250-BTCのBIOSを更新
・ディスプレイ出力を内蔵へ変更
・GTX1060を3枚にして電源を750Wに載せ替え

個人的な考察
TB250-BTCのBIOSを更新
これは問題ないと思うんだけどなぁ・・・
むしろ向上して欲しいっす。
・ディスプレイ出力を内蔵へ変更
インテルさんのドライバが悪さしてるのかな?
夜に再度戻してみます。
・GTX1060を3枚にして電源を750Wに載せ替え
容量は足りてると思うんだけどなぁ。。。
TDPで150W*3個+CPU等なので。。。
    

とりあえず内蔵インテルを殺して再度挑戦してみます。

そういえばテスト用のATX電源をいくつか買ってみました。
ついでにATX電源用のテスターもポチっとしました。
    

これである程度電源の死亡判定ができるかな。

マザボの設定は↓のサイトさんがアップデートを含め詳細にかいてありました。
ttp://www.kasoutuukamaininngu.work/entry/2017/07/05/203931
posted by イワ at 10:25| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

【暗号通貨】2017年版 マイニングに最適なGeforce系グラフィックボードのまとめ 【仮想通貨】

マイニング人気で既にグラボが日本から消えたかに見えますが
まだまだ売っていますw
一時期ほど楽にマイニング出来ないとはいえ
まだまだ割高感のあるうちにグラボを揃えてマイニングした方が
設備投資分を早期回収できそうなので、
2017年現在のGeforce系グラフィックボードをまとめてみました。

今現在、Geforce系グラフィックボードでマイニングに使えるのは
以下の5機種です。
 ■Geforce GTX1060 3GB
 ■Geforce GTX1060 6GB
 ■Geforce GTX1070
 ■Geforce GTX1080
 ■Geforce GTX1080Ti

★本体価格と性能は
 GTX1060 3GBGTX1060 6GBGTX1070GTX1080GTX1080Ti
以上のようになります。

ただ単純に性能が高ければ消費電力も増えます。orz
そこでワットパフォーマンスが重要視されます。

★消費電力
 ■Geforce GTX1060 3GB:120W
 ■Geforce GTX1060 6GB:120W
 ■Geforce GTX1070:150W
 ■Geforce GTX1080:180W
 ■Geforce GTX1080Ti:250W
参考までに他のシリーズだと
 ■Geforce GTX750Ti:75W (旧世代の省エネグラボ)
 ■Geforce GTX1050Ti:75W(現行の省エネグラボ)
 ■Geforce GTX980Ti:250W(旧世代の上級グラボ)
 ■Geforce GTX TITAN X:250W

★ハッシュ性能(DaggerHashimoto)
 ■Geforce GTX1060 6GB:20.13MH/s
 ■Geforce GTX1070:28.69MH/s
 ■Geforce GTX1080:27.63MH/s
 ■Geforce GTX1080Ti:35.00MH/s

★ハッシュ性能(Equihash)
 ■Geforce GTX1060 6GB:281.69Sol/s
 ■Geforce GTX1070:435.21Sol/s
 ■Geforce GTX1080:470.00Sol/s
 ■Geforce GTX1080Ti:630.00Sol/s

となっています。
GTX1080GTX1080Tiは使用しているメモリの関係上あまり効率は良くないようです。
(と言っても十分速いですけどw)

★ワットパフォーマンス性能(DaggerHashimoto)
 ■Geforce GTX1060 6GB:0.167
 ■Geforce GTX1070:0.191
 ■Geforce GTX1080:0.153
 ■Geforce GTX1080Ti:0.140

★ワットパフォーマンス性能(Equihash)
 ■Geforce GTX1060 6GB:2.34
 ■Geforce GTX1070:2.90
 ■Geforce GTX1080:2.61
 ■Geforce GTX1080Ti:2.52

このように電力(W)あたりの効率で考えると必ずしも高性能なGTX1080Tiが最強というわけではありません。
むしろGTX1060 6GBGTX1070も健闘しています。

初期投資はGTX1060 6GBが安いため6枚刺などを考えているのであればGTX1060 6GBがオススメです。
3GBはメモリが少ないので、そろそろ世代的に掘れなくなるリスクが高いので今から買うなら
6GBの方がオススメです。

また初期投資はGTX1060より高いですがGTX1070もいい選択だと思います。
ワットパワーもよくGTX1080に近い性能を発揮するためです。
それでいて消費電力はGTX1060+αなのでランニングコスト(電気代)がイイです。

パソコンの電源も大容量の電源を買うとなると非常に高額です。
私は定番のCorsair RM1000x(1000W)を使っています。
     

例えばGTX1080Tiを6枚乗せるとなると250W * 6枚 = 1500Wとなります。
GPUだけで1500Wです。
マザボやCPU等も電力を消費するため1500W電源を用意しても足りません。。。
しかも日本の場合、AC100Vコンセントが一般的なので延長ケーブルはAC100V 15Aまでの物が大半です。
はい。1500W以上の電力供給は一か所から給電するのは非常に危険なんです。。。
実際はブレーカが落ちたり保護がありますが、火災のリスクがあるので1か所に頑張って組むより
分散した方が結果的に効率が良かったりします。

電力のことも考慮するとGTX1060 6GBGTX1070を4枚くらいの構成が現実的かと思います。
      

ちなみにGTX1070あたりはデカいフルサイズの板もあります。
はっきり言って邪魔です!
大量に使うならminiサイズが個人的にはオススメです。
冷却性能の不足を気にする方もいますが、
冷却は別途扇風機を当てなきゃ暑すぎて夏場は生活出来ないので開き直って下さいw
まぁお金があれば水冷化も楽しいですけどねw
posted by イワ at 18:18| Comment(0) | 仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする