最近の記事
オススメの記事

■ Amazonギフト券はコチラから


2016年01月05日

【スティックPC】『MS-NH1』をWindows10にアップデートしてみた。(絶望と復活編)

前回買った MS-NH1 ですが、Windows8.1からWindows10に更新しました。
     

前回の記事
 → http://xn--cckc3m.seesaa.net/article/431786690.html

Windows 10 はノートPCとデスクトップで経験済みだったので軽い気持ちで挑んだら…
Windowsが起動しない!!



OSの復旧だの起動の復旧だの色々とあったが全てダメ。。。
リカバリディスクなんておしゃれな物は作っていません。。。

ツんだ…。orz


ネットを調べてみると
Windows10の大幅更新があったらしく、この更新によって起動できないPCが多発しているようです。
対策としてマウスコンピュータさんはWindows10用のBIOSを公開していました。
 Windows 10 11月度の更新プログラムについて 2015年12月02日
    → https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/info.asp?N_ID=313


そんなわけで11月度対応BIOSをダウンロードしてマイクロSDにコピーして
コマンドプロンプトから実行してBIOSを更新!
MS社からリカバリディスクをマイクロSDに作って
リカバリしたら棒がPCに戻りましたwww

が、想像通り1.33GHz駆動になりました。。。
マウスコンピュータさん、1.5GHz駆動のβ版BIOSの更新はあるのでしょうか??
というか、激しく希望します!!
せっかく ヒートシンク も注文したので是非フル稼働させたいです。。。
     
posted by イワ at 10:49| Comment(0) | スティックPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

【スティックPC】『MS-NH1』を買ったのでβ版BIOSを使ってクロックUPを試してみた。

マウスコンピュータのスティックPC『MS-NH1』を買ったのでβ版BIOSを使ってクロックUPを試してみた。
     

このβ版BIOSはGPUパワーセーブなしの
爆速仕様の特殊BIOSになっているようです。
画面なんかどーでもいいCPUクロックメインのマイニングにはもってこいですね。

M_X18_T01は、MS-NH1のためのベータBIOSとしてサポートで公開中。
こちらは内蔵GPUのクロックを300MHzに半減させることでCPUを1.5〜1.8GHzに強化したもの


その前に色々と計測してみました。
いつものMinergate.comからWindows 32bitアプリをインストールして
CPUを4コア全開の100%使用でブン回します。
噂通り数分で65℃まで上がって、周波数が1.33GHzから落ちていきますwww
10分もすると0.5GHzまで落ちるのでそこで終了。

マウスコンピュータの公式サイト↓から
https://www2.mouse-jp.co.jp/ssl/user_support2/sc_index.asp?_ga=1.72010134.426759784.1449209456
本体裏面バーコード下のシリアル No. を入力するとβ版BIOSがダウンロードできます。
ファイル名はM_X18_T01.ZIPでした。

M_X18_T01.ZIPを解凍すると実行ファイルになっているので
普通に実行するとBIOSの更新が開始されます。
更新中は電源を落とさないのは常識です。
それさえ注意していれば何も問題はありません。

再起動して再度計測すると、1.55GHzで駆動します!!

Minergate.comのベンチマークでも141だったのが
190にUPしていますwww

ノーマルの最大20H/S(1.33GHz駆動時)から
β版BIOSでは最大25H/S(1.55GHz駆動時)に大幅UPしています。

CPUでは16.5%UP
マイニングでは25%UPです。


これは予想以上に向上しています。
CPUが横並びなのでドスパラのスティックPCを買おうと思っていましたが
マウスコンピュータのβ版BIOSがあるなら
断然こっちの方がいいですね。

ただし発熱はより激しくなります。
放熱も考えないと結局0.5GHzに落ちてしまいます。。。

Amazonさんで ヒートシンクを買いました。
     

といっても中国からの発送らしいので到着に2週間〜1か月くらいかかりそうです。orz
丁度いいサイズがこれでしたがオーバークロックした状態では
物足りないかもしれません。

まだ冬場はいいですが夏場は無理でしょう。
USBファン を使うのもいいですが
せっかくの省エネパソコンなのでファン無しでCPU用の余ってる
ヒートシンクを活用したいですね。
     
posted by イワ at 10:33| Comment(0) | スティックPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする