最近の記事
オススメの記事

■ Amazonギフト券はコチラから

2015年07月15日

SJCAM M10 Wi-FiのAndroidアプリを使ってみた。

SJCAM M10 Wi-FiのAndroidアプリを使ってみた。
     

Androidアプリは下記のサイトからダウンロードできます。
SJCAM HD  (Sjcam action camera)
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.jght.sjcam&hl=ja

SJCAMで検索するといくつか似たような物がありますが
SJ4000用と書いてあったので使ってみたら
普通に使えました。

アプリ自体はちょっと古臭いデザインですが問題なく使えます。
むしろ基本機能がしっかりと使えるのでM10の良さを引き出しています。

使い方は非常に簡単です。
側面の上下キーの間にあるWi-Fiボタンを押してから
スマホ側でWi-Fiを探します。
M10WIFI■■■■という名前の電波を選択してパスワードを入力すると接続できます。
(初期パスワードは12345678)でした。
あとはアプリを起動して「CONNECT YOUR CAMERA」をタップすればカメラから見える
画像がスマホで観れるようになります。

アプリの難点は英語って事ですwww
まぁ適当に使っていればわかるレベルですけど。
スマホを横に倒せば全画面で観れます。

スパナのマークが設定のようです。
簡単に翻訳すると
<MOVIE>
Resolution   :動画のサイズ
Cyclic Record :周期的な録画
WDR      :ワイドダイナミックレンジ(逆光対策などに使う)
Audio     :音声
Date Stamp   :日付も動画に表示させる
Video Time laps set:
<Photo>
Image Size   :写真のサイズ
White Balance  :ホワイトバランス
Exposure    :露出
Camera Mode   :カメラ モード
<system>
Frequency    :周波数
Return menu settingu to defaults:初期設定に戻す
Format     :SDカードのフォーマット
Auto Power Off :自動電源OFF




たった1晩使ってみた感想
まだまだ発展の余地はありそうですが十分実用レベルです。
残念のはバッテリー容量の小ささです。
小型なので仕方ないですが1時間程度しか持たないようです。
予備のバッテリーパックと充電器は持っていた方がいいと思います。
     

またハウジングケースに入れたままUSB充電出来ないのは痛いですね。。。
丸裸ハウジングなら問題ないのでドライブレコーダとしては問題ないですが
バイク用と考えると防水面が心配になります。
(バイクの場合、虫がレンズに激突するリスクもあるのでケースに入れたいですね。)

また32GBのmicroSDHCカードは必須です。
高画質で撮り貯めておいた方がいいので、、、、
と思ってたんですがFAT32の制限で4GBの壁があります。
最高画質だと30分程度しか録画できないようです。
まぁ32GBなら4時間くらい録画できる計算です。
(バッテリーも1時間なので…。)

あとはマウントですね。
車載用マウントキットとかあればドライブレコーダにはなります。


ハウジングはSJ4000やGoPro用が使えるのもありがたいですね。


posted by イワ at 11:52| Comment(0) | アクションカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: